『歯削る機器7割使い回し』読売新聞

2014年5月18日読売新聞朝刊にこんな事が書かれていた。

『歯を削る医療機器(エアータービンの事)を滅菌せずに患者間で使いまわしている歯科医療機関が約7割に上る可能性の有る事が国立感染症研究所などの研究チームの調査で分かった。機器を介してウイルスや細菌に感染する恐れが有り、研究チームは、患者ごとに清潔な機器と交換する様に呼びかけている。調査対象としたのは、エアータービンの柄の部分で歯には直接触れないが、治療の際に口の中に入る為、唾液や血液が付着しやすい。使用後は、高温で滅菌処理をした清潔な機器と交換する事が日本歯科医学会の診療指針で定められている。調査は特定の県の歯科医療機関3152施設に対して2014年1月までに891施設から回答を得た。(回答率28%)その結果滅菌した機器に患者ごと交換していると答えた医院は34%であった。・・・・(中略)・・・・』

厚生労働省によると歯科での院内感染は原因の特定が難しく、国内ではタービンによる物か明らかになった例は無いと言う。

新聞に書かれると不安になる人が多いと思うので『音羽歯科クリニック』では、どうなのだろう???

この2つがエアータービン専用の消毒器になる。いずれもペアで使う事になるのね。

左がEXclaveⅡ(モリタ)と呼び、一人の患者さんの診療が終わるとこの中にタービンを入れて高速・高温滅菌する。そうするとタービンの中まで滅菌されるのでエアータービンのヘッド(先の部分)の油分まで綺麗に成ってしまう為、回転が稼げなくなる。そこで右隣にある器械でタービンの中に注油して終わる。滅菌消毒に14分、注油に数分は掛かる。

<コンパクトなボディで給水から完了まで全自動。14分のハイスピード滅菌。>

インスツルメントやタービンハンドピースを高速で滅菌し、効率的に器具が利用できるモリタ製作所の高圧蒸気滅菌器です。

場所をとらないスリムな設計

幅180mm、奥行360mmと小型なので設置場所をとりません。

直径120mmの滅菌スペース

チャンバー容量はΦ120×D200mmで、充分な滅菌スペースが確保できます。

完了まで14分のハイスピード滅菌

給水→加熱→滅菌→自然冷却を約14分(135℃:3分)で滅菌処理ができ、急な滅菌を必要とする場合にもすぐに対応できます。

オートチェック機構による確実な滅菌

各機構をマイコンがチェックし、確実に滅菌し、トラブルの発見、対処を速やかにします。

オートドアロック機構で安全

ワンタッチでチャンバードアの開閉が行え、蒸気漏れの場合や、誤ったドア操作では開閉しない安全装置付きです。

2種類の温度設定

使用目的に応じた滅菌速度を選択(135℃、121℃)

使用水に合わせた2モード

水道水(給水自動設定の場合)、精製水(給水手動設定の場合)の2モードを選択することができます。

販売名:EXクレーブⅡ

医療機器認証番号:219AABZX00079000

医療機器の分類:クラス(II)/特定保守管理医療機器

一般的名称:小型包装品用高圧水蒸気滅菌器

治療システムの消毒・滅菌については、現在時点でどこまでできるかを考えているのね。

『エアータービン』は、お口に入る入口になるが、それに繋がるホースの中には、エアー・滅菌した水が流れている。心配するときりが無くなる。

歯科の特性として全身的感染症を持っていても噛めない・痛い・腫れたと言って来院する事が多々ある。そんな時には、次の診察までにすべてのホースの中まで消毒をするので安心して良いのだねぇ。

治療台(ユニット・チェアー)等の消毒が終わるまでおよそ30分は、お待ち頂くかも知れませんが宜しくお願い致します。

普通の治療の場合には、診療終了後にホースの中まで消毒液を通して翌朝の診察に備えている。

翌日には、音羽スタッフが『お・も・て・な・し』の心でお出迎えするのね。

ページトップへ ▲