セレック

『セレック』と言う器械を導入しました。

『お口の中に銀歯が入ると金属アレルギーが心配だなぁ』とか『目立つ銀歯を何とかしたいなぁ』と言う様な要望を数多く聞く様になった。

こうした健康・美容意識の高まる現在のニーズに答えるべくドイツで生まれたCERECsystemは、全世界で33,000台の納入実績を誇り、今やグローバルスタンダードとして世界で多くの歯科医が注目しているCAD/CAMセラミック審美治療の事なのね。

『セレック』は、世界1000万以上の症例など25年に渡る実績が有る。

私が10年前に導入していたCAD/CAMの時代より数段の進歩が感じ取れる。

この頃の削る為のセラミックブロックは、色彩限定が有り天然歯に近い色がなかなか選べなかったが、この『セレック』システムには、天然歯に近似した審美的な色・質感を持つセラミックブロックが数社から出されている。前歯用にグラデーションのついた物まで有る。

今まで通りに歯の形を整えてゴムの様な物でお口の中の型を取ったと思うがこの『セレック』システムでは、口腔内の状態を口腔内カメラで3か所撮るだけでコンピュータが演算処理をして解析する。

つまりチェアーサイドにて被せ物の設計・加工が同時に行われる。

削りだしにおよそ1本10分程度で終わる。

セレック

『セレック』の動画です

右のパソコンに画像を取り入れ演算処理をする。

分析が終ると左の器械に情報を送くり、色合わせの終わったセラミックブロックを削り出すのね。

セレック02 セレック03

ページトップへ ▲

左右に伸びたダイヤモンドバーでセラミックブロックをデザインした歯の形に削り出して行くのだね。

セレック04 セレック05

パソコンの中で上下の噛み合わせもチェック出来る。

セレック06

赤い所は特に強く当たるところね。

青いところが丁度良い所とビジュアルに示される。

セレック07

エレベーターの前に据え付けましたので覗いて見てくださいね。

ページトップへ ▲