睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

一緒に寝て居る時に、大きないびきをかいている最中に10秒以上呼吸停止が有り、これが一晩に30回以上起る場合、あるいは1時間あたり5回以上の呼吸停止が有る時に睡眠時無呼吸症候群と呼びます。

これって怖い病気なの???

『主要症状』は、

  1. 頻回に目が覚める事が有る。
  2. 大きないびきをする。
  3. 熟睡感が無い。
  4. 起床時に頭痛が有る。
  5. 日中に強い眠気に見舞われる。
  6. 集中力が低下して疲労感に見舞われる。

つまり怖いとするならば、日中の眠気や集中力の低下により重大な事故の原因に成る事です。

呼吸が止まると言っても、全身に酸素が行き渡らなくなると大脳からの命令で呼吸を始める様に指令が来るので、そのまま死んでしまう事はありません。

しかし、心臓病・脳卒中・高血圧症・糖尿病などの生活習慣病を引き起こすと言われているので、対策をする必要があります。
(睡眠時無呼吸症候群と診断された人は、高血圧症・心筋梗塞・狭心症・脳卒中に成る確率は、健常者の2~3倍も高いと言う報告があります。)

睡眠時無呼吸症候群の治療法は???

CPAP(シーパップ)法と呼ばれる鼻にマスクを装着して空気を自動的に送り込む方法で、これはかなり重症の患者さんに適応します。

でもほとんどが閉塞型睡眠時無呼吸症候群で軽度で有る事が多い為、音羽歯科では、口腔内マウスピースを装着し、重篤な症状に移行するのを防いで居ります。

まずは、検査を受けて見たら一晩に何回呼吸停止が有るか一目で分かります。

私の信頼して居る耳鼻咽喉科の先生を紹介します。

いとう耳鼻咽喉科  ← ここ

これが口腔内マウスピースです。一般に上の歯牙に固定をして下の顎が下がると同時に舌の付け根が喉の奥(咽頭部)を塞いでしまうのを防ぎます。

上の歯牙に被せるマウスピース部分です。

横から見た所です。

これは、アメリカから取り寄せて居ります。普段使わない時は、このピンクのケースに保存して置きます。もちろん睡眠時無呼吸症候群と言う診断が付けば、健康保険 の中で治療が進められます。

お気軽に音羽スタッフにお申し付け下さい。

このページの先頭へ