歯はどうして変色する?

歯はもともと白くなくわずかに黄みをおびた色をしています。肌の白さが人によって違うように、歯の色にも黄みや赤みがあり個人差があります。茶渋やタバコのヤニ、歯垢など歯の表面についた汚れによる変色は、それらの付着物を取り除くことで本来の白さを取り戻すことができます。しかし、歯の内側から変色した場合には、八ミガキやクリーニングで白くすることはできません。

コーヒー・赤ワイン・タバコなど、色素の濃いものを日常的に摂取することで変色する。

むし歯などで神経が死んでしまった。または、金属のつめものによって変色を起こす。

歯の磨きすぎ、歯ぎしり、加齢などで歯のエナメル質が薄くなり、内側の象牙質が透けて見える変色。

幼児期に抗生物質を摂取したり、先天性代謝異常や遺伝性疾患などが原因で起こる変色。