音羽歯科クリニック

  • 054-251-3011

    受付
    9:30~12:00 / 14:00~18:30

    ※火曜午後・土曜午後は17:30まで。木曜、日祝休診。

入れ歯

使いやすい入れ歯をご提案

入れ歯は歯を失った時の対応方法のひとつで、インプラントよりは価格が安く、脱着が容易なのでメインテナンスが誰にでもしやすいというメリットがあります。
ただし、調整がうまくいっていないと痛みやズレなどの不快な状態が起こり、大きなストレスになることもありますので、当院ではそれぞれの方にしっかりフィットする入れ歯を提供しています。

総入れ歯

人間には親知らず以外に28本の歯がありますが、歯周病などで全ての歯を失ってしまうと、食事や発音がしにくくなるなどの状況に陥ります。総入れ歯は人工的な歯を作って装着することで、失った機能をカバーするための装置です。 総入れ歯は歯肉に接する床(しょう)という部分と、人工歯から構成されています。

金属床義歯

土台になる床(しょう)と呼ばれる部分が金属で出来た入れ歯です。薄くて強度が高いこと、食べ物の温度を感じやすいので食事の感覚が自然に近いことなどのメリットがあります。

レジン床義歯(保険適用)

土台の部分がピンク色のプラスチックで作られた入れ歯です。保険が適用されるので、費用負担が少ないというメリットや、使用期間とともに変色していくなどのデメリットがあります。

部分入れ歯

部分入れ歯は、ばねをかけて安定させるための歯が残っている時に適用できる入れ歯です。口腔内にフィットするための調整がしやすいことや、ブリッジに比べると残っている歯を削る量が少ないというメリットがあります。
デメリットとしては、ばねをかける歯に負担をかける点や、保険診療で金属のばねを使っている場合は見た目の違和感も挙げられます。

金属床義歯

土台となる床の部分の一部に金属を使用することを特徴とする部分入れ歯です。他の素材より比較的薄く作ることができる点や、強度が高い点にメリットがあります。

レジン床部分義歯(保険適用)

土台の部分にレジンというプラスチックを使う部分入れ歯です。保険が効くので費用負担は安い特徴があります。その一方で金属のバネが見た目の違和感があってストレスになるという人もいます。

ノンクラスプ義歯

レジン床の部分入れ歯の欠点である金属のばね部分を無くし、土台の弾力などで固定する部分入れ歯です。見た目の良さや金属アレルギーのリスクがないなどのメリットがあります。

マグネット義歯

残っている歯の根元部分に磁性体を埋め込み、部分入れ歯側に組み込んだ磁石で入れ歯を固定します。金属のばねが無いので見た目が良く、保持力が高い点も魅力です。

お気軽にお問い合わせください

  • 054-251-3011
    受付
    9:30~12:00 / 14:00~18:30

    ※火曜午後・土曜午後は17:30まで。木曜、日祝休診。

初診WEB予約
0542513011 初診WEB予約

ページトップへ戻る