音羽歯科クリニック

  • 054-251-3011

    受付
    9:30~12:00 / 14:00~18:30

    ※火曜午後・土曜午後は17:30まで。木曜、日祝休診。

理事長コラム

コロナ『第5波』収束か???

 令和3年10月31日静岡新聞『デルタ株ゲノム修復困難で死滅?』という記事が記載されていた。国立遺伝子研究所(三島市)の井上逸朗教授等と新潟大学のチームが10月に開かれた日本人類遺伝子学会で発表された。新型コロナウイルス『第5波』の終息には、流行を引き起こしたデルタ株でゲノム(全遺伝情報)の変異を修復する酵素が変化してコロナウイルスの働きが落ちた事が影響したと研究結果が発表されていた。8月下旬のピーク前にはほとんどのウイルスが酵素の変化したタイプに置き換わっていたと言う。このウイルスではゲノム全体に変異が蓄積してコロナウイルスの修復が追い付かずに死滅していったのではないかと井上逸朗教授は指摘する。ウイルスはどれも増殖する際にゲノムを複製するが時々ミスが起きて変異が生ずる。この変異が積み重なるとやがて増殖できなくなると言う。ウイルスが変異できなくなるのを妨げるのがnsp14であるそうだ。チームは、国立感染症研究所が公開する国内で検出した新型コロナウイルスのゲノムデータを分析した。第5波ではnsp14にかかわる遺伝子が変化したウイルスの割合が感染拡大とともに増え、ピーク前から収束まで感染者のすべてを占めていたと言う。また次の様に結論付けている。nsp14の遺伝子が変化したウイルスでは、ゲノムの変異が通常の10倍から20倍あった。チームは、人間の体内でウイルスに変異を起こして壊す『APOBEC』と言う酵素が『nsp14』を変化させたと推測した。

 つまりウイルスは仲間を増やそうと感染させた人間の身体でコピーを沢山作る。しかしその中に間違ってコピーする事が有る。以前も説明したがこれが変異種と呼ぶ。α株、β株、γ株、δ株と変異を繰り返すたびにウイルスの変異を成功させる為のnsp14に打撃を与えて変異種を作れない状態にする。それによってウイルス自体が自滅して感染が治まるのだと言う発表だった !!!
 さらにコロナワクチンの接種率の普及と国民皆の『マスクと手洗い、三蜜は避ける』の徹底が今日のコロナ感染者数の激減に繋がっていると思う ☆彡 ☆彡
ここで油断しないでコロナウイルス撲滅まであと少し頑張りましょう 💛 💛 💛

お気軽にお問い合わせください

  • 054-251-3011
    受付
    9:30~12:00 / 14:00~18:30

    ※火曜午後・土曜午後は17:30まで。木曜、日祝休診。

初診WEB予約
0542513011 初診WEB予約

ページトップへ戻る